広告運用の副業とは?仕事内容や始めるメリットを徹底解説

広告運用の副業とは?仕事内容や始めるメリットを徹底解説 コラム

「未経験が広告運用を副業で始める方法を知りたい」
「副業で広告運用をおこなう場合、どのような仕事内容なのか知りたい」
「広告運用につながる副業は、どのような副業か知りたい」

このような思いを持つ方は多いのではないでしょうか。

本記事は、広告運用を副業で始める方法やメリットなどを詳しく解説します。

広告運用の副業に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

広告運用とは

広告運用とは、インターネットやテレビなどのメディアに掲載された広告の効果を引き出し、販売を促進するためにおこなう仕事です。

最近では、テレビよりもインターネットが主な広告メディア、マーケティングの一部として認識されています。

広告運用にはさまざまな形がありますが、副業でおこなう仕事はクライアントの広告戦略をサポートして運用の代行をおこないます。

広告運用が副業におすすめな理由

広告運用が副業におすすめな理由は以下の5つです。

それぞれ解説します。

新しいスキルを学べる

広告運用を副業として取り組むことで、マーケティングや新しいスキルなどが身につきます。

今後インターネットが普及するなかで、大変価値のある仕事です。

広告運用で身についたスキルは、本業の業務やキャリアチェンジの強みとして活かすことができます。

収入を増やせる

広告運用の副業は、高い収入アップが期待できます。

広告運用では、広告の効果などの数字を細かく分析します。

結果が出れば、成果に応じて報酬の交渉も可能です。

高いスキルや知識が必要ですが、努力と収入が直結する点が魅力の一つです。

低コストで始められる

特別な機材やソフトウェアを必要としないため、低コストで始められます。

広告運用の副業にかかるコストは、学習教材やセミナー、講習会への参加費用などの教育費です。

インターネット上には無料で学べる教材も多数あるので、コストをかけずに自分のペースで学習を進められます。

リモートで仕事ができる

広告運用の副業はオンライン上での業務が中心で、リモートで仕事をおこないます。

好きな場所や自分の都合のよい時間に仕事を進められるのが特徴です。

自宅やカフェなど、通信環境があれば場所を選ばずに仕事を進められるため、ワークライフバランスを保つことができます。

将来性がある

インターネットの発達が進む現代では、広告運用の需要が見込まれます。

すでに多くの企業がSNSなどの広告運用へ投資を増やしています。

広告運用のスキルを持っていると、今後も安定した収益を確保できる可能性が高まるので、将来性のある副業です。

副業で広告運用を始める場合の主な仕事内容

広告運用の副業では、多岐にわたる仕事内容が存在します。

主要なものは以下の5つに分けられます。

それぞれ解説します。

動画広告運用

動画広告運用では、YouTubeやTikTokなど、さまざまな動画コンテンツで利用される広告の運用をおこないます。

視覚的に多くの情報を流せる点が魅力の一つです。

視聴時間によって広告の効果を測れるので、ユーザーに応じて効果的に訴求できます。

SNS広告運用

SNS広告運用では、InstagramやX(Twitter)などのプラットフォームで利用される広告を運用します。

ユーザーの特性や興味に合わせて最適な広告を配信できるため、ターゲットとなる層へのアプローチが可能です。

SNSの拡散力をうまく活かせられれば、話題性をつくることもできます。

リスティング広告運用

リスティング広告運用では、ユーザーの検索クエリ(ユーザーが検索したキーワード)に基づいて表示されるため、タイムリーに関心を持つユーザーへのアプローチが可能です。

検索連動型広告ともいわれており、広告効果を上げるためにはキーワードの選定が重要です。

ディスプレイ広告運用

ディスプレイ広告運用は、Webサイトの閲覧内容に応じて広告を表示します。

ユーザーの興味や趣味を反映した内容の広告によって効果的にアピールできます。

テキストだけでなく、動画や画像など多様なフォーマットを駆使しての訴求が可能です。

リターゲティング広告運用

リターゲティング広告運用は、過去に訪問したWebサイトやページの情報をもとに、関連する広告を再表示します。

以前に興味を示した商品やサービスへの再アプローチが可能となり、購入意欲の喚起や問い合わせの促進が期待できます。

副業で広告運用を始める手順

副業として広告運用に挑戦するには、大きく分けて3つのステップがあります。

順番に解説します。

広告運用の知識を学ぶ

副業で広告運用を始めるには、まず広告運用の知識を学ぶことが重要です。

広告運用では、さまざまな広告の種類や仕組みが存在します。

Google広告やYouTube広告など、広告によって特性やターゲットが異なります。

広告運用で成果を出すには、基礎知識を習得してスキルを身につけることが大切です。

書籍やインターネットでの情報収集のほかに、講座の受講やセミナーへの参加を通じて効率的に知識を学ぶことができます。

ポートフォリオを作る

知識を身につけたら、スキルをアピールするポートフォリオの作成が必要です。

ポートフォリオとは、自身のプロフィールやスキル、実績をまとめたツールを指します。

ポートフォリオを作ることで、クライアントに自分の得意分野やスキルをアピールできるため、案件を獲得しやすくなります。

グラフや画像を取り入れることで、より魅力的なポートフォリオが作成できます。

案件を獲得する

ポートフォリオが完成したら、実際に案件の応募をおこないます。

案件を獲得するための方法は、以下の3つです。

  • 営業する
  • 知人に紹介してもらう
  • マッチングサービスを活用する

営業する

SNSやクラウドソーシングサイトを通じて、クライアントへ営業をおこないます。

クラウドソーシングサイトでは、多数の広告運用案件が掲載されているため、案件を獲得できる可能性が高まります。

自分に適した案件を見つけて応募してみるのがおすすめです。

知人に紹介してもらう

信頼できる知人から紹介してもらうことで、スムーズに案件を獲得できる可能性が高まります。

すでに信頼関係が築かれているため、条件交渉や作業の進行も円滑に進めることが期待できます。

マッチングサービスを活用する

マッチングサービスを利用して案件を獲得します。

マッチングサービスでは、自分のスキルや経験などの条件にマッチした案件を選択できます。

サービス運営側が契約や金額の交渉をサポートしてくれるため、安心して案件に取り組むことが可能です。

広告運用におすすめの副業マッチングサービスには、カイコクなどがあります。

高額案件を紹介してもらえる可能性のあるサービスです。

広告運用につながる初心者におすすめの副業

未経験が広告運用を始める場合、以下の2つの副業がおすすめです。

それぞれ解説します。

Webライティング

Webライティングは、企業や個人から依頼を受けてWeb上で記事を執筆する仕事です。

広告のターゲットになるユーザーが読みたくなる文章を書くスキルは、広告のクリック率やコンバージョン率(Webサイトに訪れて広告をクリックしたユーザーのうち、購入に至ったユーザーの率)を向上させる重要な要素です。

Webライティングの案件は、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサイトを活用するのがおすすめです。

ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトは、自分のブログ記事に広告リンクを貼り、そのリンクから商品が購入されると報酬を得ることができます。

ターゲットとなるユーザーに興味を持ってもらうには、どのような広告の選定や表現、配置がよいのかを検証して改善を繰り返す必要があります。

広告運用の基本的な理解を深めるのにふさわしい副業です。

まとめ

広告運用の副業について解説しました。

まとめは以下のとおりです。

  • 広告運用は、メディアに掲載された広告の効果を引き出し、販売を促進する目的でおこなう
  • 広告運用が副業におすすめな理由には、新しいスキルを学べる、低コストで始められるなど
  • 広告運用の副業には、動画広告運用やSNS広告運用などがある
  • 副業として広告運用を始める手順は、「広告運用の知識を学ぶ」「ポートフォリオを作る」「案件を獲得する」
  • 未経験が広告運用を始めるには、Webライティングやブログアフィリエイトがおすすめ

広告運用の副業に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

マイチョイス編集部

マイチョイスは”私らしい選択”をお手伝いするWebメディアです。

マイチョイス編集部をフォローする

会員数37万人突破!
無料会員登録で6つの特典

働き方30秒診断
✓動画コンテンツ見放題
✓融資制度の紹介サービス
役立つ起業ガイドブックプレゼント
相談員による1対1相談会
支援ツールを特別価格で提供

独立・起業を考えていなくても、働き方診断をしてみたいでも登録OK

\LINEアカウントでもOK/
メールアドレスで無料登録
コラム
マイチョイス編集部をフォローする
副業 | MyCHOICE
タイトルとURLをコピーしました