トラック運転手を選んで後悔しないためのポイントを解説。長期的に考えて新たな道を

コラム

トラック運転手になったはいいけれど辞めたい、でも何をすればいいのか、誰かに相談すべきなのかなど、いろいろな疑問や不安があるのでは?

多くの人が、辞めたときの不安と期待が入り混じった状態で転職や退職を考えています。

思い切った決断をしても、後悔することがあると大変です。

そこで、この記事では、トラック運転手の業務内容や、トラック運転手になり、うまくいっている人、後悔している人について紹介します。ぜひ最後まで読んでみてください。

トラック運転手を辞めたいと思う理由

トラックドライバーを辞める前に、なぜ退職をしたいのか自問自答することが大切です。

この質問に対する答えは人それぞれですが、今の仕事を辞めて別のトラック運転手もしくは、他の業種になる理由としては、より高い給料や様々な仕事の機会が欲しい、冒険したい、気分転換したい、仕事の柔軟性を求めたい、もっと旅行に行きたい、などが挙げられます。

自分の動機を理解する時間を確保することは、あなたのキャリアとライフスタイルに適した決定なのかを判断するのに役立つでしょう。

トラック運転手をやめたくなるいじめ

  • 上司によるいじめ
  • 他のドライバーからの威圧的行動
  • 顧客からの無礼

上司によるいじめ

【例】厳しい仕事に取り組む、担当者にとって魅力のない仕事を割り当てる

他のドライバーからの威圧的行動

【例】睨む、積み込み場所から追い出す

顧客からの無礼

【例】中傷、複雑で負担の大きい作業指示

その他のいじめ・いやがらせにもとれる実例は簡単になくなるものではありません

好きな仕事でも意欲がなくなる

トラック運転手は、安全で尊重される職場の権利を守るために何かをしなければならないと感じている人も多いでしょう。

しかし、これらの問題に正面から取り組むことができない無力感を感じていることが多いようです。

場合によっては、不当な扱いを受けたことへの復讐心が強く、暴力が勃発し、運転者同士のつながりの中でも脅迫や殴り合い、さらに過激な攻撃行為が行われることもあります。

また、肉体的な暴力だけでなく、精神的な苦痛を受けたとしても、それを口に出すと報復されると脅されて、報告されないケースも少なくありません。

したがって、このような行為を防止し、効果的な手段を講じることが不可欠です。

転職して後悔しないようにするための方法

トラック運転手への退職及び転職は、興味深く冒険的な選択肢ですが、軽く考えていいものではありません。

行動に移す前に、それが自分に合っていることを確認する必要があります。

仕事の内容、転職する際に期待すること、トラック運転手になることのメリットとデメリットを理解する必要があります。

これらはすべて、これからの生計を検討する際に重要な考慮事項です。

トラック運転手の仕事内容

トラック運転手の仕事内容は、様々な会社やお客さんに商品やサービスを運ぶことです。

移動に関する会社の規則や規制に従う必要があり、大きくてかさばる車を操作することになります。

ほとんどの場合、大型車両や特殊車両の免許取得が必須です。

義務付けられたルートに従って、あなたの走行したログを維持する必要がある場合もあります。

トラック運転手の仕事に就く前に、仕事の要件をすべて理解しておくことが求められます。

未経験からトラック運転手に転職した後の流れ

トラック運転手になるには、運転する予定のエリアで有効な運搬許可証や、該当する車両の運転免許証を取得する必要があります。

さらに、運転に関する法律や規制に関する試験を受ける必要がある場合も

また、自動車を運転するのに適していることを証明するために、証明書を提示するだけではなく、定期的に身体検査に合格する必要があります。

通常の勤務でも、出社時に健康状態への口頭によるチェックも多いです。

トラック運転手になるメリット・デメリット

トラック運転手には、メリットとデメリットがあります。

  • 自由に運転できる
  • 高収入

メリットを考えると、長い道のりを自由に運転でき、さまざまな場所を旅する経験ができる魅力があります。

また、給与も経験や雇用する会社によって異なりますが、走行距離や労働時間の割に高収入を得られることが多いようです。

顧客や従業員と良好な関係を築くことは、他職種同様に多くのトラック運転手にとっても喜ばしいことであり、仕事を単なる収入源からより楽しいものへと変えることができます。

  • 孤独な職業
  • 長時間家を空ける
  • トラックで過ごす時間が長い
  • 事故に遭うリスクが高い

しかし、デメリットに目を向けるとトラック運転手は孤独な職業でもあります。

長時間家を空け、トラックの中や休憩所で何日も眠り、事故に遭うリスクも高く、悪天候に対処しなければならないこともあります。

荷台に立ち力仕事を担い、多くの時間を費やして車両操作に必要なさまざまな免許や資格を取得することは、この仕事の難しい側面でもあります。

新しいライフスタイルを選ぶ前に、トラック運転手である長所と短所を比較検討することが重要です。

トラック運転手は様々な状況に適応でき、冒険心を持ち、長期的に成功するために強い労働倫理を持っていることが必要です。

もしブラック企業に就職してしまったら

もしブラック企業に就職してしまい、トラックドライバーを続けているのであれば、まずは会社の退職を考えたほうが良いでしょう。

ブラック企業の多くは、入社2~3年目の社員が会社を辞めたくなるほどで、それはブラック企業のトラック運転手であってもに大差はないでしょう。

このため、現職を退職してトラック運転手から開放されるためには、退職代行業者を利用する必要があります。

退職代行を使う

退職代行とは、転職を希望する人が会社を辞めてトラックドライバーになるための特別な許可を会社から得て、転職を支援する第三者的なサービスです。

ただ退職を代行するだけではなく、退職金を雇用主が支払うように交渉してくれたり、転職に関するアドバイスやサポートがあることも少なくありません。

多くのトラック運送会社では、ドライバーに最低でも2~3年の関連業務の経験を求めているため、トラック運送業界への転職を目指す人にとっては退職や転職に詳しい人のノウハウは非常に貴重なサービスです。

まとめ

  • トラック運転手をして後悔するときはある。
  • 職場や契約先で、いじめのような扱いをうける。
  • 好きなトラック運転手の仕事でもメリット・デメリットがある。
  • 退職や転職に詳しいサービスに問い合わせてみよう。

トラック運転手になることと同じくらい、トラック運転手を辞めることは、慎重に検討する必要がある決断です。

トラック業界で成功するために必要な知識や経験だけでなく、雇用されている会社の方針も知っておくことが重要になります。

さらに、ブラック企業に就職してしまった場合は、退職代行サービスなど第三者のサービスを利用する必要があるかもしれません。

トラック運転手に転職して成功した人と後悔した人の話を聞くことで、転職を検討する際にイメージを持てます。

事前に情報を得ることで、トラック運転手への転職に価値があるか長い目で見て判断できるのです。

タイトルとURLをコピーしました