【危険】仕事を飛ぶとどうなる?バックレた場合のデメリットを解説

【危険】仕事を飛ぶとどうなる?バックレた場合のデメリットを解説 コラム

「仕事に行くのがもう限界」
「明日から出社したくない」
「今すぐにでも逃げ出したい」

そう感じて心が折れてしまった場合、仕事を飛ぶことを考えるかもしれません。

しかし、仕事を飛ぶことは本当に正しい選択肢なのでしょうか?

仕事を飛びたい衝動に駆られたとき、どのように対処すればよいのでしょうか?

本記事では、仕事を飛ぶことのデメリットと、仕事を飛ばなくても済む賢い選択肢を提案します。

あなたの不安を解消する最善の答えを見つけ出すために、ぜひ最後までお読みください。

仕事を飛んだ場合のデメリット

「仕事を飛ぶ」とは、会社に無断で退職する行為のことを指します。

ある日突然来なくなり、そのまま辞めてしまうケースがほとんどです。

仕事を飛ぶことで一時的には気持ちが楽になるかもしれませんが、多くのデメリットがあります。

仕事を飛んだ場合の主なデメリットは、以下の6つです。

一つずつ詳しく解説します。

会社から何度も連絡が来る

仕事を無断で欠勤したり、急に辞めたりした場合、会社はあなたの安全と業務の進行状況を確認するために、何度も連絡を試みます。

会社側は、あなたが飛んだことをまだ知りません。

そのため、事故などの予期せぬ事態に遭遇していないか、病気で倒れていないかなど、何らかの緊急事態が発生しているのではないかと心配しているためです。

会社はあなたの安全を確認するためと、業務の遅延や他の社員への影響をできるだけ抑えるために、あなたの状況を把握しようとします。

会社からしつこく連絡が来るとストレスを感じてしまうかもしれません。

会社の人が家に来る

会社は、あなたが仕事を飛んで連絡が取れなくなった場合、状況を確認するために、直接自宅に訪れることがあります。

あなたが無事なことを確認するための最終手段であり、必要ならば支援を提供するためでもあります。

しかし、会社の人が家に来ることはうれしいものではありませんし、できるだけ避けたいところです。

会社の人が何度も訪ねてくると、近隣住民からも不信感を抱かれる可能性があります。

また、家族や同居人に対しても説明を求められることになり、家庭内でのトラブルに発展する恐れがあります。

会社から親へ連絡される

仕事を飛んだ場合、会社は緊急連絡先としてあなたの親に連絡する場合があります。

会社があなたの安全を確認し、責任を果たすための措置です。

会社から親へ連絡されることは、あなたの自立心やプライバシーに影響を与える可能性があります。

また、親があなたの職場の問題に巻き込まれることは、親に対しても迷惑をかけることになりますし、家庭内の関係にもストレスをもたらすことがあります。

退職金がもらえない

正式な退職手続きをおこなわずに仕事を辞めると、退職金が支払われない可能性があります。

退職金は、長期にわたる勤務に対する報酬であり、通常は一定の条件を満たした場合にのみ支払われるものだからです。

また、無断欠勤を続けていると、懲戒解雇になってしまう恐れもあります。

懲戒解雇されると、退職金をもらえなくなるため、経済的に大きな損失を被ることになるでしょう。

特に、退職金を老後の生活資金として計画していた場合、その損失は計り知れません。

退職に関する書類が受け取れない

仕事を辞める際には、退職証明書や雇用保険の手続きなど、さまざまな重要書類が必要です。

しかし、仕事を飛んで連絡を断ってしまうと、雇用保険の受給資格者証や源泉徴収票などが受け取れなくなる可能性があります。

退職に関する書類は、次の就職活動だけでなく、税金の申告や社会保障の手続きでも重要な役割を果たします。

そのため、連絡を断ってしまうと、退職に関する書類を受け取ることが困難になってしまいます。

退職に関する書類が揃わない場合、転職活動や生活面でさまざまな不利益を被ることになります。

転職活動に悪影響が出る

仕事を飛ぶと、次の職場での評価に悪影響を与えます。前職での無断欠勤や不当に退職したことが明らかになれば、採用担当者に悪い印象を与え、採用のチャンスを失うことにもなりかねません。

採用担当者は、前職の退職理由や経緯を重視し、突然の退職は信頼性や責任感が欠如していると見なすかもしれません。

そのため、面接で不利な立場に立たされるだけでなく、求職活動自体が困難になる可能性があります。

今すぐ辞めたいなら仕事を飛ぶより「退職代行」がおすすめ

今すぐ仕事を辞めたいからといって、突然仕事を飛ぶことはデメリットが大きいため、やめたほうがよいでしょう。

どうしても今すぐ仕事をやめたいなら、「退職代行」がおすすめです。退職代行サービスは、退職を希望する人に代わって退職の意思を会社に伝えるサービスです。

退職代行を利用すると多くのメリットがありますが、代表的なメリットは以下の3つです。

一つずつ詳しく解説します。

退職意思を代わりに伝えてくれる

退職代行サービスは、あなたの退職意思を会社に代わりに伝えてくれます。

そのため、上司と直接対面しなくてもスムーズに退職できます。

例えば、人間関係が原因で退職を決意した場合、直接上司に退職の意向を伝えるのは精神的に大きな負担となります。

しかし、退職代行サービスを利用すれば、そのような精神的負担から解放されます。

即日で会社を辞められる

多くの退職代行サービスでは、依頼を受けた日に退職手続きを開始できます。

自分で退職の意向を伝える場合に比べて、迅速に退職手続きを進めることが可能です。

そのため、一刻も早く会社に残ることによるストレスや不安から解放されたいなど、退職を急ぐ必要がある場合には、このスピード感は大きな利点です。

退職代行サービスを利用して迅速に退職できれば、そのぶん新しいスタートを切る準備を早く始められます。

必要な手続きを代行してくれる

退職にともなうさまざまな手続きを、退職代行サービスがおこなってくれます。

そのため、手続きに関するストレスから解放され、次のステップに集中できます。

例えば、雇用保険の手続きや退職に関する書類の受け取りなど、面倒な作業を代行してくれるため、時間と労力を節約できます。

おすすめの退職代行サービス

退職代行サービスを選ぶ際には、信頼性や実績、料金体系をしっかりと確認しておくことが重要です。

  • 退職代行選びで失敗や後悔をしたくない
  • 法的なトラブルがなく、安心して利用できる退職代行を選びたい
  • 退職代行サービスを比較して、自分に合った退職代行を選びたい

上記のようなお悩みをお持ちであれば、詳細な情報やサービス内容について比較している、以下のような専門のWebサイトを参照するとよいでしょう。

退職代行サービス19選|目的別ランキング!失敗しない選び方のコツを紹介
退職代行サービスで失敗・後悔したくない人や、初めて退職代行サービスを利用する人は、退職代行サービス選びで迷いがち。ここでは、おすすめの退職代行サービスを19社紹介します。選び方のコツを解説しながら、あなたの悩みに合った退職代行サービスのランキングも教えます!運営業者により料金や業務範囲は異なるため、比較しながら自分に合った業者を選びましょう。

上記Webサイトでは、さまざまな退職代行サービスの料金・支払方法・相談方法などを一覧形式でまとめてあるため、とても見やすく比較しやすい内容となっています。

また、交渉に強い・トラブルに強い・料金が安いなど、選ぶ目的別にランキング形式でまとめてあり、退職代行サービスの選び方のコツなども詳しく解説されています。

そのため、初めて退職代行サービスを利用する方でも自分に合ったサービスを見つけられるでしょう。

おすすめの退職代行サービスを探している方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

まとめ

  • 仕事を飛ぶと、多くのデメリットがある
  • 会社から連絡があったり、会社の人が家に来ることがある
  • 退職金や、退職に関する書類をもらえなかったりする
  • 再就職時の面接で不利になったり、転職活動に悪影響が出たりする
  • 今すぐ会社を辞めたいなら、退職代行がおすすめ

仕事を飛ぶ行為は、短期的には解放感を得られるかもしれませんが、長期的には多くのデメリットがあります。

特に、将来のキャリアに大きな影響を及ぼす可能性があるため、責任ある行動をとり、適切な手続きを踏むことが重要です。

また、職場を辞める際には、会社との良好な関係を維持し、将来のキャリアに影響を与えないよう、慎重に行動しましょう。

本記事が、あなたの退職をスムーズにし、新たなスタートを切るための助けとなることを願っています。

よくある質問

仕事を飛んでも給与は受け取れる?

仕事を飛んだ場合でも、実際に働いた期間の給与は支払われます

しかし、無断欠勤した期間の給与は支払われません。

給与は労働の対価であり、無断欠勤はその対価を受ける権利を失う行為です。

したがって無断欠勤をした場合、その期間の給与を受け取る権利は通常失われます。

無断欠勤による給与不払いのリスクを避けるには、退職代行サービスの利用や、会社との適切なコミュニケーションを通じて、正式な退職手続きを取ることが重要です。

仕事を飛ぶと訴えられる?

仕事を飛ぶ辞め方をすると、損害賠償請求や懲戒解雇のリスクがあります。

無断欠勤が続くと、会社は法的措置を取ることがあるためです。

また、退職金がもらえないこともあり、転職活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、適切な手続きを踏んで、円満な退職をおこなうことをおすすめします。

もし職場の環境が悪いなどの理由で退職を考えている場合は、退職代行を利用するなどの選択肢もあります。

仕事を飛ぶのは違法?

仕事を飛ぶ行為自体は違法ではありません。

しかし、契約違反につながったり、信頼関係を失ったりする可能性があります。

会社によっては損害賠償を請求されることもありますが、その場合は具体的な損害が発生したことを会社が立証しなければなりません。

また、仕事を無断で辞めた場合、退職事由が懲戒解雇となり、離職票にその旨が記載されることがあります。

懲戒解雇された経歴は将来の就職活動に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

何日欠勤したらクビになる?

会社によって異なりますが、通常、数日間の無断欠勤で解雇されることがあります。

会社の就業規則や具体的な状況によって異なるため、確認しておくことが重要です。

無断欠勤が続けば、会社はあなたの行動を職務放棄と見なし、解雇の正当な理由にできます。

また、解雇されると失業保険の給付を受ける際にも不利益を受ける可能性があります。

そのため、退職を考えている場合は、適切な手続きを踏むことが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました