仕事に疲れたと感じる原因は?9つの対処法を徹底解説

コラム

「なんかもう仕事疲れた……」
「何のためにこの仕事続けているんだろう……」

仕事に疲れ切って、休日も何もしたくないとごろごろして、
気がついたら夕方……。「またすぐ仕事か……」とどんよりした気分になっていませんか?

この記事では、仕事で疲れたと感じる原因と対処法について解説します。

解決策を見つけて、今の気分から解放されましょう。

仕事に疲れたときに現れるサイン

仕事に疲れたときには、精神面・肉体面それぞれにサインが現れます。

以下のような症状が起こっていないかチェックしてみましょう。

心の疲れ

仕事で精神的な疲れが蓄積すると、日常でも症状となって現れます。

具体的には、以下のような症状があったら精神的にかなり疲れていると考えられます。

  • 集中力や注意力が低下する
  • イライラや怒りっぽくなる
  • 理由なく気分が沈む
  • 疲れていてもぐっすり眠れない
  • 日常の楽しいことに興味を失う
  • 仕事に対する漠然とした不安感が消えない

心の疲れは仕事へのモチベーションやパフォーマンスだけでなく、健康にも影響を与えるため早めの対処が必要です。

体の疲れ

長時間のデスクワークや立ち仕事などで仕事の疲れが溜まると、肩こりや腰痛、頭痛など身体の不調となって現れます。

また、睡眠不足や不規則な生活リズムが続くと、疲労感や倦怠感が強まります。

肉体的な疲労が蓄積すると健康に悪影響を及ぼすだけでなく、ミスや事故にもつながりかねないため、適切な休息やストレッチ、運動などで早めの対処が必要です。

仕事に疲れたと感じる原因

仕事に疲れたと感じる原因はどこにあるのでしょうか?

ここでは仕事に疲れたと感じるいくつかの可能性について解説します。

拘束時間が長すぎる

残業が多く仕事の拘束時間が長くなり、帰るのは深夜で寝て起きたらすぐ翌日の仕事……。

仕事で長時間の拘束が毎日続くと、疲れも蓄積していくばかりです。

特に30代の頃と違い体力が落ちてくる40代になると、今まで平気だった労働時間でも「仕事が疲れる」と感じるようになってきます。

仕事に対して給与が低い

毎日大変な思いをしながら上司や顧客に気をつかいながら仕事をして、給与が低いと「やってられない」と思ってしまいます。

「こんな金額のために毎日頑張ってるのか……」と、給与明細を見て1ヵ月の苦労が思い出され、精神的疲労に襲われる人もいるのではないでしょうか。

やりがいを感じない

興味があって楽しい仕事だと、疲れを忘れて作業してしまうことはよくあります。

その反面、興味のない仕事や単調でやりがいを感じない仕事は時間が経つのが遅く、精神的に疲れを感じやすくなります。

仕事内容が自分に合っていない

苦手な業務は苦労する分時間がかかり、得意な人の数倍も疲れを感じるでしょう。

やっとのことで業務を終わらせるたびに、どっと疲労感に襲われるようなら、原因は仕事内容が自分に合っていないせいかもしれません。

人間関係が悪い

精神的な疲労は、休んでもなかなか取れるものではありません。

精神的疲労が一時的なものでなく、同僚や上司との人間関係の悪化による日常的なものならなおさらです。

会社での人間関係の悪化によるストレスフルな状態が続くと、疲労は蓄積する一方のため心身のバランスを乱す可能性があります。

将来の不安がある

仕事や会社の状況が不安定で将来への不安が常に頭にあるような状態では、仕事に対する集中力や意欲が低下する一方です。

経済面やキャリアへの不安は長期にわたり精神的負担を与え、先の見えない状況が一層疲労感を増加させます。

仕事に疲れたと感じた場合の対処法

「仕事に疲れた」と感じたまま仕事を続けていると、ストレスが蓄積し、身体的・精神的な健康に悪影響を及ぼすだけでなく、集中力や生産性も低下します。

バーンアウト症候群やうつ病などの深刻な健康問題につながる恐れもあるため、深刻化する前に以下の対処法を試してみましょう。

疲れる原因を客観的に考える

まずは疲れる原因を客観的に分析しましょう。

原因は一つとは限らず、複数要素が影響している場合もあるでしょう。

仕事の量や内容、人間関係、プライベートのバランスなど何が原因で疲労感を引き起こしているのかを把握したうえで、改善できる手段がないか考える必要があります。

仕事の進め方を見直す

「時間内に終わらせないといけない」「周りの人には助けてもらう余力はない」と思い込んでいないでしょうか?

作業量の多さに疲れが溜まっている場合、重要度の低いタスクは簡略化する、効率化できないかを相談するなど、今までの仕事の進め方を見直すことで解決できるかもしれません。

また、長時間作業を続けていると疲労から効率が下がってしまいます。

定期的に休憩を取るのも疲労の軽減のためには必要です。

信頼できる人に相談する

精神的負担を軽減するために、信頼できる同僚や上司、友人や家族に相談しましょう。

話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるだけでなく、別の視点からのアドバイスや意見で、思いもよらなかった解決策が思いつくかもしれません。

仕事を休む

「休んだら仕事が回らない」「迷惑がかかる」と思うかもしれません。

しかし、完全に心身のバランスを崩してからだともっと大変な事態になります。

仕事の疲れがどうにも溜まっていたら、仕事を休んで疲れた体と心をしっかりとリフレッシュさせましょう。

1日でも自分のペースで休めば、疲労感はだいぶ違うはずです。

運動する

「こんなに疲れているのに運動なんて」「運動する気分になんてなれない」と思わずに、試しに軽くでも身体を動かしてみましょう。

運動は血流を良くして身体の疲れを取るだけでなく、ストレスを軽減して心身の健康を保つ効果があります。

仕事の合間や休日にウォーキングやジョギング、ストレッチなどの運動を取り入れましょう。

適度な運動は身体も気分も軽くし、新鮮な気持ちで仕事に取り組めます。

好きなこと・趣味を楽しむ

「精神的に疲れていて何もできない」と思ったときこそ、今の状態でもできる楽しみが必要です。

本当に疲れて何もできなければ音楽やヒーリング効果のある音を聴いたり、間接照明を楽しんだりするリラックス方法もあります。

少しでも何かできそうなら、読書やドラマ、ものづくり、散歩など仕事のことを忘れて没頭でき、気分転換できるような趣味をするのがおすすめです。

趣味を通じて心をリフレッシュすれば、疲労感で忘れていた仕事への意欲が回復します。

食生活を整える

健康的な食生活はストレス耐性を高め、疲労回復にも役立ちます。

バランスの取れた食事を心がけ、栄養豊富な食品を摂取しましょう。

食事内容だけでなく、規則正しい時間に食事を摂ることも重要です。

ストレスにはストレスへの抵抗力を高めるビタミンCやA、疲れにくさを軽減するビタミンB1が、肉体的な疲れやすさには体力や免疫力を上げるタンパク質や亜鉛の摂取が有効です。

参考:サントリーウェルネスOnline

結論として「肉も野菜もバランスよく食べる」ことが心身の疲れにくさにつながります。

身の回りの整理整頓をする

「部屋は心の現れ」と聞いたことがあるのではないでしょうか。

精神的・肉体的に疲れていると部屋を片付ける気分にはならず散らかる一方ですが、散らかった部屋は知らず知らずのうちにストレスを与えています。

見える範囲や自分が普段座るところの周囲だけでも不要なものを処分して整理整頓すると、頭のなかも落ち着きリラックスできるようになります。

異動を願い出る

休息や気分転換では解決できないと感じたら、異動の可能性についても考えてみましょう。

もし異動が可能なら、職場や業務内容の変更により今の問題の解決にも期待が持てます。

異動までの大変さだと割り切れれば、疲労感も軽減するのではないでしょうか。

仕事に疲れたと感じたら会社を辞めるべき?

仕事に疲れたと感じた場合に会社を辞めるべきかどうかは状況によります。

退職にはリスクや一時的な経済的問題をともないます。

まずは原因を洗い出し、対処法を考えてみましょう。

もし仕事への疲労感が一時的なストレスや労働環境が原因であれば、適切な対処法や時間の経過によって解決する可能性もあります。

しかし、長期間にわたって疲労やストレスが続く場合や、仕事が自分の価値観や希望と合わず前向きに働けない状態なら会社を辞める選択肢も検討する必要があるでしょう。

必要であれば信頼できる人や専門家に相談し、さまざまな視点からの意見をもとに判断するようにしましょう。

今の気持ちも重要ですが、いったん休暇や休職で落ち着いて自分の状況と将来のキャリアやリスクについて考えないと退職後もまた別の問題に悩まされる可能性もあります。

しかし、もしゆっくり考える余裕すらない、今すぐ退職したいけれど将来が心配だとためらっているなら、心身の健康を優先して思い切って退職し、退職後にゆっくり考える決断も必要です。

まとめ

  • 仕事に疲れたときに現れる「身体のサイン」「心のサイン」に気をつけよう
  • 仕事に疲れたと感じる原因は「待遇・労働環境の悪さ」「やりがいのなさ」「人間関係」「将来への不安」などが考えられる
  • 仕事に疲れたと感じたら、まずは原因を考えて対処しよう
  • 仕事の進め方の見直しや信頼できる人への相談、異動など職場環境を変えるアプローチも有効
  • 「休養」「運動」「趣味」「栄養ある食生活」で心身の疲労に強くなる対処法もある
  • 仕事に疲れたら対処法をまず試し、それでも解決しなかったら退職も検討するべき
  • リスクや将来を考えたうえで退職を決断する必要があるが、余裕がないほど追い詰められているなら先に退職して心身を守るのも必要

多くの仕事は楽しいと感じることより大変なことのほうが多く、「もう疲れた」と思うことも少なくありません。

すぐに退職を決めて後悔するのも避けたいですが、深刻な疲労に気づかず心身のバランスを崩してはあとあと大変です。

仕事に疲れたと感じる原因と程度をよく見極めて対処しましょう。

よくある質問

最後に、「仕事に疲れた」と感じた人が気になる点について簡単にまとめました。

仕事で疲れすぎたときにはどうすればいい?

仕事で疲れすぎたときには、まずは休息しましょう。

まとめて休息ができなくても、隙間時間でストレス解消のための趣味やリラックス法を取り入れたりこまめに休憩を取り心身のバランスを保ちましょう。

疲労の限界サインは?

疲労の限界サインには、身体的な症状(原因不明の痛みやめまい)や精神的な症状(イライラや集中力の低下、情緒不安定など)があります。

疲労の限界サインに気づいたら、さらに重大な事態になる前に早急に対処するようにしましょう。

バーンアウト症候群とは?

バーンアウト症候群は、長期間にわたる過度のストレスや疲労によって引き起こされる心身の疲弊状態です。

主な症状には慢性的な疲労感、仕事への無関心、情緒の喪失、自己評価の低下などがあり早期の対処が必要です。

タイトルとURLをコピーしました