会社員の副業の始め方を徹底解説!挑戦するメリットやおすすめの仕事

コラム

「会社員の副業の始め方がわからない」
「会社員が副業を始めるために必要な手続きを知りたい」
「会社員が始めやすい副業の種類について知りたい」

このような疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

今回は、会社員の副業の始め方について詳しく解説していきます。

会社員でこれから副業に挑戦したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【会社員必見】副業の始め方

会社員として働きながら、副業を始める方法をステップに分けて解説します。

就業規則を確認する

副業を始める前に、自社の就業規則を確認しましょう。

一部の企業では、副業を禁止している場合があります。

法律上、企業は従業員の副業を禁止できませんが、会社の就業規則に違反すると解雇される恐れがあるため、事前にしっかり確認しましょう。

就業規則が明確でない場合、上司や人事部に相談するのもよい手段です。

参考:副業・兼業のガイドライン|厚生労働省

副業の目標を決める

副業を始めるにあたって、明確な目標を決めることが大切です。

目標を決めることで、方向性を失わず、効率よく副業に取り組むことができます。

収入増加、スキルアップ、趣味の延長など、目標は人それぞれです。

副業を始めるうえで、明確な目標を持つようにしましょう。

副業の時間を確保する

副業を成功させるためには、十分な作業時間の確保が必要です。

時間を確保できないと、副業の成果が上がりにくくなります。

平日の夜や休日を利用したり、朝早く起きて取り組むなど、自分のライフスタイルに合わせて隙間時間を見つけてみましょう。

挑戦する副業を決める

挑戦したい副業を選択します。

副業の種類には、時間労働型と成果報酬型の2種類があります。

時間労働型は、時間に応じて給料が決まる仕事です。

定期的な収入が期待できますが、時間の拘束が強くなります。

一方、成果報酬型は、成果に応じて報酬が支払われる仕事です。

自分のペースで作業できますが、収入が不安定になることがあります。

自分のライフスタイルや目標に合わせて、適切なタイプの副業を選びましょう。

必要なスキルを習得する

副業で成功するためには、必要なスキルの習得が欠かせません。

例えば、Webライティングの仕事をおこなうには、ライティングの技術やSEOの知識が必要です。

スキルを身につけることで、高品質なサービスをクライアントに提供し、収入アップも期待できます。

副業用の銀行口座を作る

副業の収入は、本業とは別の銀行口座に振り込むことをおすすめします。

これにより、副業で得た所得の管理がしやすくなり、確定申告などの税務処理もスムーズにおこなえます。

案件を探す

副業を始めるための最後のステップは、実際に案件を探すことです。

まずは、副業を紹介するWebサービスや、クラウドソーシングサイトに登録しましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイトは、クラウドワークスランサーズなどがあります。

副業の案件を選ぶ場合は、自分の得意分野や本業と関連する仕事を選ぶことで、成果が出る可能性が高まります。

会社員が副業を始めるメリット

副業を始めることは、会社員にとって大きなメリットがあります。

以下、4つの大きなメリットを解説します。

収入が増える

会社員が副業をおこなう大きなメリットとして、収入の増加が挙げられます。

会社員で得られる本業の収入だけでなく、別の収入源を持つことで、生活の質の向上や将来への安心感を手に入れることができます。

さらに、経済的な余裕が生まれることで、投資や資産形成にも役立てることができます。

低リスクで挑戦できる

会社員としての安定した収入があるため、副業は比較的低リスクで挑戦できます。

たとえ副業が失敗しても、生計に直接の影響は少なく、安心して新しいことに取り組むことができます。

スキルや経験を得られる

副業を通じて新しいスキルや経験を得ることができます。

副業で得たスキルや経験は、本業でのキャリアアップや、将来的な転職時に有利になる可能性が高まります。

また、多様な経験は自分の視野を広げることにもつながります。

独立のきっかけになる

副業を続ける中で、独立や起業のきっかけとなる可能性もあります。

会社員は安定した収入があるため、リスクを抑えつつ、自分の得意なことを活かしたビジネスに挑戦できるでしょう。

会社員が副業を始めるデメリット

会社員が副業をおこなう場合、メリットだけでなく、注意すべきデメリットも存在します。

以下に解説します。

すぐに稼ぐのは難しい

会社員が副業を始めたからといって、すぐに収入が上がるわけではありません。

最初は、時間と労力に見合った収入を得るのは難しいこともあります。

副業で稼ぐには時間がかかることを理解し、焦らずコツコツと努力を積み重ねることが重要です。

プライベートの時間を確保しづらくなる

会社員が副業を始めることで、プライベートの時間が減少し、休息を取る時間が少なくなることもあります。

過労やストレスは本業のパフォーマンスの低下にもつながるので、適度に息抜きや休息し、体調を整えることも重要です。

健康状態を損なわないために、労働時間の管理や睡眠時間の確保、運動の習慣化を心がけましょう。

会社員におすすめの副業3選

副業には、さまざまな種類の仕事があります。

ここでは、会社員におすすめの副業を3つ紹介します。

いずれも、本業とかけ持ちしながらおこなえる副業です。

Webライティング

Webライティングは、企業などから受けた特定のテーマやキーワードをもとに、記事を執筆する仕事です。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトを活用すれば、未経験でも案件を獲得できます。

自宅や好きな場所で執筆できるため、会社員にとっては取り組みやすい副業です。

動画編集

動画編集は、YouTubeやSNSなどの動画コンテンツの編集をおこなう仕事です。

編集ソフトを活用し、自分のペースで作業を進めることができます。

スキルや経験が身につくと、さらなる高収入が期待できます。

動画編集の案件は、クラウドワークスクラウドテックなどのクラウドソーシングサイトの活用がおすすめです。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自身のブログやSNSで商品を紹介し、その商品が購入されると報酬を得ることができます。

パソコンやスマートフォンがあれば、時間や場所を選ばずにおこなえるので、会社員に向いている副業の一つです。

会社員が避けるべき副業

副業にはさまざまな種類がありますが、なかには会社員には向かない副業も存在します。

会社員が避けるべき副業と、その理由を解説します。

単純作業が多い副業

単純作業が中心の副業は、初心者には取り組みやすい面もありますが、時間や労力に見合った収入が得られにくい傾向があります。

また、スキルアップの機会も少なく、長期的なキャリア形成には向かない可能性が高いです。

単純作業が多い副業は、以下のとおりです。

  • アンケートモニター
  • データ入力
  • ポイントサイト

雇用される副業

アルバイトなどの雇用主に雇われる副業は、労働時間や場所の柔軟性に欠けるため、本業との両立が難しい場合があります。

本業の業務とシフトが重なる可能性や、副業での疲労が本業に影響を与えるリスクが高まります。

投資系の副業

投資に関連する副業は、高いリターンを期待できますが、それにともなうリスクも高まります。

未経験から株式投資やFXなど、投資系の副業を始める場合、市場の動向やリスク管理の知識が不足していると、大きな損失を被る可能性があります。

また、投資は冷静な判断が求められるため、本業のストレスを抱えた状態で取り組むのは推奨されません。

まとめ

  • 会社員が副業を始める手順は、会社の就業規則の確認や副業用銀行口座を作るなど
  • 会社員が副業を始めるメリットは、収入が増える点や低リスクで挑戦できる点
  • 会社員が副業を始める場合、副業で稼ぐには時間がかかることを認識しておこう
  • 会社員が取り組みやすい副業は、Webライティングや動画編集など
  • 会社員が避けるべき副業は、単純作業が多い副業など

今回は、会社員の副業の始め方について解説しました。

会社員でこれから副業にチャレンジしたい方は、この記事を参考に、自分に適した副業を探してみてください。

マイチョイス編集部

マイチョイスは”私らしい選択”をお手伝いするWebメディアです。

マイチョイス編集部をフォローする

会員数37万人突破!
無料会員登録で6つの特典

働き方30秒診断
✓動画コンテンツ見放題
✓融資制度の紹介サービス
役立つ起業ガイドブックプレゼント
相談員による1対1相談会
支援ツールを特別価格で提供

独立・起業を考えていなくても、働き方診断をしてみたいでも登録OK

\LINEアカウントでもOK/
メールアドレスで無料登録
コラム
マイチョイス編集部をフォローする
副業 | MyCHOICE
タイトルとURLをコピーしました