接客業を辞めたい理由とは? 退職する際の注意点と対処法

コラム

接客業の仕事に圧倒され、疲れ果てていませんか?

長時間労働や理不尽なクレーム、不十分な給与など、辞めたいと思う要素が山積みで、すぐにでも退職したいという人がいても不思議ではありません。

しかし、退職という手段に飛びつく前にひと呼吸をおきましょう。

自分の評判やキャリアに傷をつけないため、正しい辞め方と辞めるタイミングを把握することが大切です。

この記事では、接客業を辞めたくなる理由や、その対処方法を紹介します。

接客業を辞めたいと悩んでいる人は、まず落ち着いて記事を読んでみてください。

辞めるタイミングや、退職後にどのような仕事を探せばいいのかについても考察します。

接客業を辞めたいと感じる理由

拘束時間が長いとか、理不尽なクレーム対応にうんざりとか、さまざまな理由で、接客業を辞めたいと感じている人もいるでしょう。

また、仕事場の環境で悩んだり、仕事内容に不満を持ったり、給料が見合っていないと感じている人もいるようです。

接客業に従事する人々が辞めたいと感じる3つの理由について解説します。

拘束時間が長くなりがち

拘束時間が長引く仕事が続き、疲弊すると退職が頭をよぎるという人も多いのでは?

所定勤務時間の前に行う準備や時間外労働で後片付けがあると、つい拘束時間が長くなりがちです。

コンビニエンスストアや一部のスーパーマーケットなど、24時間営業の店舗における接客はさらに拘束時間が長くなる傾向にあります。

とくに繁忙期には、長時間労働になる場合もあるでしょう。

長時間労働は従業員の心身に深刻なダメージを及ぼし、メンタルに影響が出てストレスを感じる人もいるようです。

理不尽なクレームへの対応が求められる

正当とは言えない顧客からのクレームを処理することは、人によっては過大な負担です。

たとえば「お前の声が気に食わない」など、筋の通らないクレームや誹謗中傷は、精神的かつ感情的な苦痛を受けることになります。

理不尽な暴言が続けば、人間不信にも繋がりかねません。

仕事量に給料が見合っていない

接客業は与えられた仕事に対して、十分な報酬が得られない職業と考える人もいます。

入社当時、未経験からスタートしやすい接客業は特筆すべき経験やスキルを不要とする求人が多く、給与が低く設定されている場合が多いからです。

例えば、ファッション業界は一見華やかに映りますが、低賃金という側面があります。

十分な賃金が得られなければ、労働意欲の欠如につながる要因となるでしょう。

接客業を辞めたいと感じるときの対処法

接客業から転職し、別の仕事に就きたいと考えることはめずらしいことではありません。

ただし、どんなことに不満を感じているのかを自覚し、退職するかどうかの見極めを冷静に判断することが大切です。

明確な理由があるのなら、新しいキャリアに進むべきタイミングなのかもしれません。

改めて接客業を辞めたいと感じたとき、そうすべきなのかを冷静に確認していきましょう。

「突発的」なのか「慢性的」なのか見極める

退職につながる燃え尽き症候群は、突発的な場合と慢性的なケースがあります。

的確に判断するにはストレスを解消する対策をとりながら、冷静に自身の心と向き合うべきでしょう。

もし、常日頃から過小評価されていると感じたり、自己肯定感が少なかったりすれば、退職や転職を検討する時期かもしれません。

割り切ってクレームに対応してみる

クレームに対応する度に、幾度となく接客を辞めたいと感じる人もいるでしょう。

それは衝動的な反応とも考えられますが、二度とクレームに対応したくないと自身が感じた場合は、その仕事を続けることは容易ではありません

もし突発的な感情であるなら、問題に向き合って取り組む方法を考えるのが賢明です。

クレームを巧みに対処する技術を習得すれば、激怒することが減るかもしれません。

接客業を辞めた方がいいケース

クレームを巧みに対処する技術を習得しても、やはり接客業には向いていないと感じる人もいるようです。

場合によっては退職が正しい選択になることもあります。

我慢の限界を超えている

ストレスで心身に負担がかかっていると感じたら、とくに注意する必要があります。

強い使命感を持ち、まだまだ頑張れると思う責任感は本来大切なことですが、状況によっては大きな負担になる場合もあるようです。

体の疲れを感じるのは心身ともに疲れており、休息が必要なサインといえるでしょう。

会社や労働環境が悪い

もし職場環境が自身にとって過酷な状況であれば、退職を検討すべきかもしれません。

過酷な労働環境は目立った改善を望めない場合が多いものです。

今を変えてより良い未来を手に入れるには、ほかの職場への転職が有効な手段といえるでしょう。

ほかにやってみたい仕事がある

もし、あなたが現在の仕事と並行して副業を考えているのであれば、まったく別の職業に転職することを考えた方が賢明かもしれません。

なぜなら、あなたはおそらく希望する分野や転職後にどのような仕事をしたいかを正確に理解しているからです。

もちろん、今の仕事を続けながら独立のための資金を調達するという選択肢も、賢明な方法であるともいえるでしょう。

接客業が辛くて辞めた人の成功体験談

https://twitter.com/HW_kyashi/status/1543204828691988482

ネット上の意見を調べてみると、接客業で辛い思いをして苦労された方のツイートが多くみられます。

上記で紹介しているTwitterでは、訳もわからないまま責められ続けた末に退職を選び、最終的に子ども相手の仕事で落ち着きを得られたようです。

また、発生したトラブルに対して店頭窓口の担当者が理不尽に近い形で怒鳴られ、罵声を浴びせられて精神的にきつかったという声があります。

さらに休みがほとんどなく、体が休まらなかったこともあり、退職してよかったと満足している声も多かったです。

共通して言えることは無理をし続けることや、我慢し続けなくてはいけない環境はリスクでしかないということでしょう。

接客業を辞めた後のおすすめ転職先

接客業を辞めた後、どの職業に転職すればいいのか迷う人もいるはずです。

とくに経験が少なく、資格を持っていない人は不安を感じても仕方ありません。

しかし、接客業で身につけた専門知識は、いくつかの異なる職種でも役立てることが可能です。

ここで紹介する転職先を再就職先の候補にしてみませんか!

エンジニア

未経験の求人が多く、時代のニーズが高いエンジニアはおすすめの職業のひとつ。

転職を目指してプログラミング講座で能力を身につけるなど、スキルアップに励むことがポイントです。

製造業

定型的な業務を担うことが多い製造業は、キャリアの再スタートに向けて検討したい仕事のひとつです。

顧客対応で労働時間が変動することがなく、定められた勤務時間で働きやすい点が嬉しいポイント!

経験を積んで指導する立場になれば、接客業で培ったコミュニケーションスキルが存分に活きるでしょう。

事務職

根強い人気のある事務系の職種もおすすめの再就職先のひとつです。

ルーティーンワークが多く、落ち着いて仕事ができる事務職は接客業で疲弊された方にとって魅力に映るでしょう。

注意したい点は、パソコン作業が多いことです。

パソコン操作に不慣れな人は、まず学ぶ姿勢が必要といえるでしょう。

デスクワークへの転職を考えているなら、退職前にパソコンの基礎スキルを身につけたいものです。

接客業が辛い時の退職方法

もし接客が向いていないと感じている人は、転職や退職の検討は自然なことといえるでしょう。

円滑に業務を引き継ぎ、問題なく退職をすることで気持ちよく次の仕事を始めたいものです。

円満退職を実現するためには、これから紹介する3つのポイントを心がけてください。

  • 辞めたい理由をはっきりさせておく
  • 退職するタイミングを決めておく
  • 会社との話し合いが進まない場合は退職代行を利用する

辞めたい理由をはっきりとさせておく

まずは、なぜ接客業を辞めたいのか、何がきっかけで退職を意識したのかを冷静に考えてみましょう。

もし、あなたが理由を明確にできなければ、退職に向けた話し合いがスムーズに進まないことも考えられます。

たとえば仕事が大変だからという理由だけで退職を希望した場合は、雇用条件の変更など条件提示のうえで再考を求められる可能性もあるでしょう。

仕事のむずかしさだけを理由にするのではなく、興味のある新しい仕事がみつかりましたというように、明確で前向きなメッセージを伝えると受け入れてもらいやすくなります。

退職するタイミングを決めておく

退職の時期をはっきりさせておくことは、スムーズな退職に欠かせないポイントのひとつです。

いつ辞めるかをハッキリさせないと、退職を引き延ばされる可能性があります。

とくに新たな職場が決まっている場合は、日程調整が欠かせません。

指定された時期に退職できなければ、転職先側が困ることになります。

転職先が決まっている場合は、なるべく転職先の入社日前に退職できるよう、前もって現職場に相談すべきです。

会社との話し合いが進まない場合は退職代行を利用する

有休消化や退職日について、雇用主と意見の相違がある場合、経験豊富な専門家にアドバイスを求めるのが最善です。

たとえば、経験豊富な退職代行サービスは会社と円満に交渉できるように導いてくれます。

もし有給休暇の取得を拒否され、退職について話を聞いてもらえない場合は退職代行サービスに相談することを検討しましょう。

まとめ

  • 接客業を辞めたいと考えた時には、自身と向き合い理由を明確にしよう
  • 未経験OKの仕事やこれまでの経験やスキルが活かせる仕事を検討しよう
  • 退職に向けたスケジュールを踏まえて行動しよう
  • 職場を退職するのが難しいときには退職代行サービスを利用しよう

接客業は、ほかの職種と比べると退職を検討する人が多くいます。

すぐに転職するのか、近い将来に転職するのか、自身と向き合い冷静に状態を見極めることが、後悔しないための大切なポイントです。

方向性が定まってきたら退職の計画を立て、もし必要であれば退職代行サービスの力も借りることも検討しながら、スムーズに退職できるように動いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました