「仕事を休みたい」そんな時は会社を休もう!印象の良い理由や伝え方

「仕事を休みたい」そんな時は会社を休もう!印象の良い理由や伝え方 コラム

「仕事が忙しすぎて疲れた」
「体調が悪くて集中できない」
「プライベートな用事があって休みたい」

上記のように、仕事を休みたいと思うときには、さまざまな理由があるでしょう。

仕事を休むことは悪いことではありません。

むしろ、自分の健康やパフォーマンスを維持するために必要なことです。

仕事を休むときには、印象の良い理由や伝え方があります。

本記事を読めば、仕事を休みたいときに、周りに気兼ねせずに休むための印象の良い理由や伝え方、注意すべきポイントや仕事を休みたい日が続く場合の対処法がわかります。

仕事を休みたいと思ったら、この記事をぜひ最後まで読んでみてください!

仕事を休みたい場合は無理せず休んでOK

体調が悪いときや、大切な用事があって仕事を休みたい場合は、基本的に無理せず休んでOKです。

体調が悪いときに無理に出勤しても、仕事に集中できずにミスをしたり、危険な作業をともなう業務の場合は事故などを起こしたりするリスクも高まります。

仕事を休むことは、自分の体調や気分を整えるためにも必要なことです。

仕事を休むことで、ストレスを解消したり、疲労を回復したり、新しい気持ちで仕事に取り組めるようになります。

また、自分だけでなく、会社やチームにとってもメリットがあります。

心身を休めることでミスやトラブルを防げ、仕事のクオリティや効率を高められます。

仕事を休むことは、自分の責任や義務を放棄するわけではありません。

自分の能力や状況を把握し、適切に対処するためです。

仕事を休みたいと思ったら、無理せず休んで、自分の心や体の状態を整えましょう。

仕事を休みたいときの理由

仕事を休みたいときの理由はさまざまですが、大きく以下3つの状況に分けられます。

それぞれに、適切な理由や伝え方があります。ケースごとに詳しく紹介します。

前もって休むと決めた場合

前もって休むと決めた場合は、仕事を休む理由と日時があらかじめわかっていることが多いです。

その分、周囲に迷惑をかけないように、事前にしっかりと連絡や調整をする必要があります。

前もって休むと決めた場合の代表的な理由は以下のとおりです。

冠婚葬祭

冠婚葬祭は、自分や家族の人生の節目に関わる大切な行事です。

仕事を休む理由としては、妥当であり、周囲も理解しやすいでしょう。

しかし、冠婚葬祭の日程や規模によっては仕事に影響を与える可能性もあります。

そのため、できるだけ早めに休む日程や期間を伝え、必要なら代役や引き継ぎを決めておくことが大切です。

行政手続き

行政手続きとは、住民票や戸籍の変更、免許証やパスポートの更新、税金や保険の申請など、公的な機関に関する手続きのことです。

行政手続きは平日の日中にしかできないものが多く、やむを得ない事情であると認められやすいでしょう。

平日に休みを取ると仕事に支障をきたす可能性もあるため、できるだけ早めに休む日程や時間を伝えておきましょう。

また、簡単な手続きなどはコンビニで済ませられるものもあるため、事前に調べておくとよいでしょう。

資格試験

資格試験とは、国家資格や公的資格、民間資格など、特定の分野や職種に関する知識や技能を認定する試験のことです。

仕事を休む理由としては、自己研鑽やキャリアアップのためだと評価されやすく、認めてもらいやすいでしょう。

資格試験は、日程や場所が限られているものが多いですが、事前に都合のよい日時を選択できることもあります。

そのため、できるだけ仕事に影響のない日を選び、早めに休む日程や期間を伝えておきましょう。

旅行

旅行に行く場合は、数日間の休みを取る必要があることが多いです。

そのため、仕事の繁忙期を避け、できるだけ比較的仕事が忙しくない時期を選ぶようにしましょう。

また、あらかじめ日程や場所が自由に選べることが多いため、できるだけ早めに休む日程や期間を伝え、必要なら旅行中の業務の引き継ぎなどをしておきましょう。

子供の学校行事

子供がいる場合は、入学式や卒業式、運動会や発表会など、学校行事で休みを取りたいことがあります。

運動会や発表会などは土曜日や日曜日におこなわれることが多いですが、入学式や卒業式などは平日の日中におこなわれるため、仕事を休む必要があります。

そのため、できるだけ早めに休む日程や時間を伝え、会社や同僚に迷惑がかからないように心がけましょう。

定期的な検診

定期的な検診とは、自分の健康状態をチェックするために、医療機関でおこなう検査のことです。

企業は、定期的な健康診断をおこなうことが労働安全衛生法で義務付けられています。

しかし、個人的に受けている定期的な検診がある場合は、平日に医療機関に出向く必要があるものが多く、その場合は仕事を休まなければなりません。

そのため、できるだけ早めに休む日程や時間を伝えておく必要があります。

前日に休むと決めた場合

前日に休むと決めた場合は、仕事を休む理由はやむを得ない事情に限られます。

そして、そのぶん周囲に迷惑をかける可能性が高くなります。

前日に休むと決めた場合の代表的な理由は以下のとおりです。

体調不良

風邪やインフルエンザ、胃腸炎など、病気や怪我によって前日になって急に体調が悪くなることがあります。

特に、風邪やインフルエンザなどの感染症は、他の人に移してしまう可能性があるため、数日は自宅療養する必要があります。

前日に体調不良になった場合は、できるだけ早く連絡を入れ、必要なら代役や引き継ぎを決めておくことが大切です。

家庭の事情

家庭の事情とは、家族や親戚、ペットなど、自分の家庭に関するさまざまな事情のことです。

家庭の事情は、前日になって急に発生する場合があり、仕事に影響を与える可能性が高いです。

事情によっては数日間の休みが必要になる場合もあるため、できるだけ早く連絡を入れて事情を説明し、会社や同僚に迷惑がかからないようにしましょう。

冠婚葬祭

冠婚葬祭は、前もって休むと決めた場合と同じく、自分や家族の人生の節目に関わる大切な行事です。

なかでも葬祭は、急な身内の不幸などによって、前日に急に決まることがあります。

また、数日間の休みが必要な場合もあるため、できるだけ早く連絡を入れ、必要ならば休みの期間中に自分の仕事の代役をしてくれる人に、業務の引き継ぎなどをしておくことも大切です。

トラブル対応

トラブル対応とは、自分や家族、友人など、自分に関係する人や物に起こった何らかのトラブルに対応するために休みを取ることです。

トラブルは突発的に起こることが多いため、前日や当日になって急に仕事を休まなければならないケースがほとんどです。

トラブルの重要度や優先度は人によって違うため、快く休ませてもらえないかもしれませんが、やむを得ない事情の場合もあるため、できるだけ理解を得たうえで休ませてもらえるよう、真摯に伝えるようにしましょう。

当日に休むと決めた場合

当日に仕事を休む理由は、本当にやむを得ない事情に限られます。

当日に休むと決めた場合、仕事を休みたいときの理由は主に以下の3つに分けられます。

急な体調不良

仕事をするには、健康が第一です。

しかし、前日までには予想できなかったほどの急な体調不良が発生する場合もあります。

体調が悪くて仕事に集中できないときは、無理をせずに休むべきです。

急な体調不良は、仕事を休む理由としては認められやすい理由です。

体調不良の原因はさまざまですが、例えば、風邪やインフルエンザなどの感染症、胃腸の不調、頭痛やめまいなどの症状が挙げられます。

このような場合、自分の回復だけでなく、他の人に移さないためにも、自宅で安静にする必要があります。

また、重い病気や怪我の場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

思わぬアクシデント

仕事に行こうとしたときに、思わぬアクシデントに遭うこともあります。

例えば、交通事故や盗難、自宅や車のトラブルなどが挙げられます。

このような予期せぬ事態に巻き込まれた場合、仕事に遅刻するだけでなく、休むことになる可能性もあります。

思わぬアクシデントは、当日になって発生する場合がほとんどで、仕事に影響を与える可能性が高いため、できるだけ早く会社に連絡し、対処方法や代替案を伝えることが重要です。

家族の看病

家族が病気や怪我をしたときに、自分が付き添ったり看病しなければならない場合には、仕事を休む必要があります。

例えば、子供や配偶者、親や祖父母などの身近な人が入院したり、手術を受けたり、介護が必要になったりする場合などです。

このような場合、仕事よりも家族のことを優先するのは当然です。

場合によっては数日間休まなければならないこともあります。

そのため、会社にも迷惑をかけないように、できるだけ早く連絡し、長期休暇が必要な場合は、業務の引き継ぎなどをおこないましょう。

仕事を休む際のポイント

仕事を休む理由はさまざまですが、どのような理由であっても、周囲に迷惑をかけないように、伝え方や対応には注意が必要です。

仕事を休む際のポイントは以下のとおりです。

なるべく早く連絡する

仕事を休むときは、なるべく早く連絡する必要があります。

連絡が遅れると、仕事のスケジュールや計画が狂ったり、周囲に迷惑をかけたりする可能性が高くなります。

そのため、前日の夜や当日の始業前など、休む必要があるとわかった段階で、できるだけ早く電話で連絡しましょう。

メールやチャットなどでの連絡だと、気づかない可能性があるため避けたほうがよいでしょう。

なるべく早く連絡しておくことで、仕事の調整や振り分けがスムーズにおこなえます。

必要であれば取引先にも連絡する

仕事を休むときは、自分の会社内だけでなく、必要であれば取引先にも連絡しておくことが大切です。

取引先に連絡する理由は、仕事の進捗や納期、品質などに影響が出ないようにするためです。

また、当日に予定されていた打ち合わせや納品などがある場合には、取引先にも休む理由と対応策を伝えておくことで、信頼関係を損なわず、プロフェッショナルな姿勢を示せます。

必要なら代役を立てる

仕事を休むときは、自分の仕事を代わりにやってくれる人がいるかどうかを確認し、必要なら代役を立てることが大切です。

代役を立てる理由は、仕事の遅れやミス、トラブルを防ぐためです。

自分が担当している仕事を他の人に引き継ぐ場合には、必要な情報や注意点を伝えておくことで、仕事の品質や効率を保つことができます。

同じ理由で何度も休まない

仕事を休むときは、同じ理由で何度も休まないようにしましょう。

同じ理由で何度も休むと、仕事に対する責任感やモチベーションが低いと見られたり、周囲の信頼や評価を失ったりする可能性が高くなります。

例えば、風邪や二日酔いなどの軽い症状で何度も休む場合には、仕事に対する責任感やモチベーションが低いと思われる可能性があります。

同じ理由で何度も休まないことで、仕事に対する姿勢や能力を高められます。

休日明けに何度も休まない

仕事を休むときは、休日明けに何度も休まないように気をつけましょう。

休日明けに何度も休むと、仕事に対する責任感やモチベーションが低いと見られたり、ズル休みではないかと疑われたりします。

もしズル休みだとバレたときには、周囲の信頼や評価を一気に失ってしまいます。

また、休日明けに何度も休むと、仕事のリズムやペースが崩れてしまいます。

例えば、月曜日や祝日明けに休む場合には、仕事に慣れるのに時間がかかったり、仕事の量が増えたりする可能性があります。

仕事の効率や成果を下げないためにも、休日明けに何度も休まないようにしましょう。

SNSに書き込まない

仕事を休むときは、SNSに書き込まないようにしましょう。

SNSに書き込むと、仕事を休んだことや理由が周囲に知られたり、仕事に対する態度や姿勢が批判されたりする可能性が高くなります。

SNSに書き込む場合は、自分のプライバシー設定や投稿内容に注意し、仕事を休んだことや理由を明らかにしないようにしましょう。

仕事を休んで遊んだり、仮病で休んだりしたことをSNSに投稿し、それを上司や同僚、取引先などに見られてしまったら、信頼や評価を大きく下げることになります。

また、場合によっては処罰を受けるかもしれません。

無断欠席をしない

仕事を休むときは、無断欠席をしてはいけません。

無断欠席をすると、仕事のルールやマナーが守れず、責任感やモチベーションがないと見られ、周囲の信頼や評価を一気に失います。

無断欠席をすると、仕事の進行やスケジュールに混乱や遅れを引き起こしたり、周囲に迷惑をかけたりする可能性があります。

会社の規則に違反する可能性が高くなり、処罰を受ける恐れもあります。

休み明けに周囲にお礼を伝える

仕事を休んだあとには、休み明けに周囲にお礼を伝えることが大切です。

お礼を伝えることで、仕事を休んだことに対する感謝や謝罪の気持ちを示し、スムーズに職場に復帰ができます。

仕事を休んだことで、自分の仕事を引き受けてくれたり、フォローしてくれたりした人には、直接お礼の言葉を伝えましょう。

仕事を休みたい日が続く場合は?

仕事を休みたい日が続く場合は、仕事に対してモチベーションが低下している、ストレスが溜まっている、あるいはその両方の状態の可能性があります。

このような状態は、仕事のパフォーマンスや健康に悪影響を及ぼすため、早めに対処する必要があります。

この項では、仕事を休みたい日が続く場合に試してほしい3つの方法を紹介します。

仕事の意義や目標を見直す

仕事を休みたい日が続く原因には、仕事の意義や目標が見えなくなっていることがあります。

なぜ仕事をしているのか、仕事で何を達成したいのか、自分の仕事が社会や他人にどのように貢献をしているのかを、あらためて考えてみましょう。

仕事をする理由や、自分の仕事に意義ややりがいを感じることが、モチベーションを高めるために有効な方法です。

教師の場合で例えると、生徒の成長を支援し、生徒の学力や人間性を向上させることが仕事の意義と目標です。

このように、仕事の意義や目標を自分の言葉で書き出してみると、仕事に対する姿勢が変わるかもしれません。

仕事の環境や条件を改善する

仕事の環境や条件に不満があることも、仕事を休みたい日が続く原因として考えられます。

職場の人間関係やコミュニケーション、仕事の量や質、報酬や評価、キャリアや将来性など、仕事に関するさまざまな要素について、不満を抱えているのではないでしょうか。

仕事の環境や条件を改善してみることで、仕事に対する不満や不安を減らし、仕事の効率や満足度を向上させられるでしょう。

例えば、仕事の量に不満がある場合には、上司や同僚と相談して、仕事の分担や優先順位を見直したり、仕事の方法を変えたり、工夫したりできます。

このように、仕事の環境や条件について、自分の望む状態に近づけるためにできることを探すと、仕事に対する態度が変わるかもしれません。

仕事以外の時間を充実させる

仕事以外の時間が充実していないことも、仕事を休みたい日が続く原因の一つです。

仕事以外の時間には、趣味やスポーツ、友人や家族との交流、自己啓発や学習など、自分の好きなことや興味のあることなどに時間を使い、有意義に過ごすことが大切です。

仕事以外の時間を充実させることで、仕事に対するストレスを解消したり、新しい刺激や発見を得たり、自分の能力や価値観を高めたりできます。

例えば、映画や音楽、読書などの文化活動や、ヨガやウォーキングなどの運動を楽しむことで、気分転換やエネルギーの補給ができます。

まとめ

  • 仕事を休みたい場合は無理せず休んでOK
  • 休む理由は事前に予定していたもの、前日に起きたもの、当日に発生したものがある
  • 休むときは早めに連絡し、必要なら取引先や代役にも伝える
  • 同じ理由や休日明けでの休み、SNSでの投稿や無断欠席は避ける
  • 仕事を休みたい日が続く場合は、原因と対策を考える

仕事を休むことは悪いことではありません。

自分のためにも休むべきときは休みましょう。

ただし、休むときは周囲への配慮や迷惑をかけないように気をつけることが大切です。

この記事を読んで、仕事を休むときの理由や伝え方について参考にしていただければ幸いです。

よくある質問

仕事を休んだ方がいいサインは?

仕事を休んだほうがいいサインは、風邪やインフルエンザなど体調不良の症状、睡眠不足や不眠症、精神的な不調、仕事へのモチベーションや興味の低下、仕事に関する悩みやストレスなどがあります。

仕事に集中できないと感じるときは、心のSOSかもしれません。

体と心の回復を促し、仕事の質や効率を向上させるためにも、無理をせずに仕事を休んだほうがよいでしょう。

会社を仮病で休んだらバレる?

会社を仮病で休んだ場合、外出先で見られたり、仕事の連絡に対応できなかったり、休んだ理由と症状が一致しなかったりなど、バレるリスクがあります。

仮病で休んだことがバレると、同僚や上司に不信感や不満を持たれたり、信頼や評価を著しく失ったりする可能性があります。

仕事を休むときは、本当に必要なときに正直に申し出ることが大切です。

精神的にリフレッシュする方法は?

精神的にリフレッシュしたいときは、趣味やスポーツ、音楽や映画、読書、ペットや家族との交流など、自分の好きなことを楽しむとよいでしょう。

楽しみや喜びを感じることでリラックスできたり、自分の能力や価値を認めることで自信や満足感を高められたりします。

また、新しいことに挑戦してみることで刺激や成長を得たり、人と交流することで支えや共感を得たりする効果があります。

タイトルとURLをコピーしました